学生時代

今どき、我が家のお子さんの帰省瞬間が徐々に遅くなってきました。

今年の4ひと月から短大に生き始めたのですが、高校生時はアクション部で滅多に進歩に明け暮れていたので、現時点はじけてしまってるんでしょう。

まぁ、私の20位もそんなものでしたからお子さんによく強くは言えません。

自転車通学を通じていた高校生の時とは違い、東京に通っているので、その楽しさもあるのでしょう。

お子さんを信じて今のところは大目に見ていらっしゃる。

独身時代のおもしろいライフを取り上げてしまったら、それこそ後のフィードバックが凄まじいですからね。

それでもひとまず生徒ですから、勉強をおろそかにされては大きい学資を支払う身としてはたまりません。

風貌をみながらチクチクといった促して見るように決める。

但しお子さんはそんな親心どちら吹く風ってばっかり、答申を引き戻すだけでバイトに精を出していらっしゃる。

てんで自分の学生時代そのままです。

う〜っ、なにも言えない自分がもどかしい・・・。

そういったお子さんを見るたびに、何となく「独身時代は楽しかったなぁ」といった懐かしんでしまう。おすすめの小さくするサイト